【母亲节】高仓健《故乡的妈妈》

时间:2022-05-08 07:12:10

故郷のお母さん

故乡的妈妈

お母さんが死んだ時、僕は「あ・うん」という映画の撮影中だった。

葬儀に間に合わず、一週間も遅れて故郷に帰った。

母亲去世时,我正在拍摄电影《情谊知多少》

所以没能赶上葬礼,晚了一周才回到家乡。

型どおりお線香をあげて、拝んでいるうちに、お母さんの骨が見たくなった。

仏壇の骨箱を開け、お母さんの骨を見ていた。

急に無性に お母さんと別れたくなくなって、

骨をばりばりかじってしまった。

我按照惯例,点上香开始祭拜的时候,

突然想看看妈妈的遗骨。

于是打开了骨灰盒,拿出妈妈的遗骨看。

不知为何,怎么也不想和妈妈分开,

我拿起遗骨“咯吱咯吱”的咬了起来。

傍にいた妹たちは「お兄さん、止めて!」と悲鳴を上げた。

多分、妹たちは僕の頭がおかしくなったと思ったのだろう。

でもそうではない。

理屈ではなく、その時、お母さんとどうしても別れたくないと強く思ったのだ。

旁边的妹妹们都吓坏了,惊呼“哥哥,你怎么了?!”

估计她们一定是以为我脑子出了问题。

其实并非如此,那时候,我也不知为何,有着强烈的不想和妈妈分开的想法。

僕は体の弱い少年だった。

病気になると、お母さんは僕の傍にずっといてくれた。

熱で熱い僕の額に 濡れた手ぬぐいを当ててくれた。 

一晩中何度も何度も換えてくれた。

背中も擦り続けてくれた。

我年少的时候体弱多病,

每次生病,妈妈都一直陪伴在我身边。

用湿毛巾贴到我发烧的额头。

一晚上,不知道她要给我换多少次毛巾,

还不时的帮我搓后背。

僕は大人になってからも 故郷にいるお母さんは僕の身を心配していた。

「もうそんな辛い仕事ば止めて、早くこっちに帰ってきなさい」

お母さんから何度かその手紙をもらった。

等我长大成人之后,家乡的妈妈还是为我操心。

我多次收到妈妈“你工作那么辛劳,趁早别干了。早点回家吧”之类的信。

真冬の雪山や、北極や南極に行くのも お母さんには知らせなかった。

でもお母さんは僕の出る映画を必ず見ていた。

映画のストーリーを見るより、僕は危険な目に逢っていないかを見ていた。

危険を感じると、仕事を止めろと長い手紙をくれた。

为了不让妈妈担心,

我去严冬的雪山、南极和北极的时候都不会告诉妈妈。

但是,只要是我演的电影,妈妈都会看。

与其说是看故事情节,她更主要是看我是否遇到危险。

每当她觉得我有危险,都会写很长的信劝我别干了。

「皸が足にできちょるね、もう寒いところで撮影はしなさんな、

会社の人に頼んでみたらどうね」

お母さんからそんな手紙をもらったこともある。

僕の映画のポスターを見て 皸に気づいたと書いてあった。

その写真を撮影する時、僕の周りにはたくさん人がいた、

メイクさんや衣装さんや、カメラマン。

ぼくは皸を隠したかった。

肌と同じ色の絆創膏を貼った。

誰も皸に気づかなかった。

でもポスターを見ただけなのに、お母さんには分かってしまった。

“我看你脚上都有冻疮了,那么冷的地方,

就别拍电影了。你不能和公司的人说说吗?”

有一次我收到妈妈上面的信。

她说是看电影的宣传画发现我脚上有冻伤的。

当时拍照的时候,我周围很多人:

化妆师、服装师、摄影师等。

当时我为了不让拍到冻伤,特意贴了和皮肤一样颜色的创可贴,

所以其他人都没有发觉。

可是妈妈只是看了宣传画就发现了我脚上的冻伤。

手紙を読み終わった僕はお母さんの手の暖かさを思い出した。

熱があるかどうか よく僕の額に手を当てくれていた その手の暖かさだ

急にお母さんに会いたくなって  故郷に帰った。

读完妈妈的信,我想到了妈妈的温暖的手。

——经常把手放到我额头,摸摸我有没有发烧时候,妈妈那温暖的手。

想到妈妈温暖的手,一下子就特想回家,所以就踏上了归程。

それなのに顔を合わせると、口げんかが始まった。

いつまでも僕を子ども扱いして、こまごまと注意する。

それがうるさくて、つい言い返してしまった。

ほんとうは「ありがとう!」と言いたかったのに、

それからも会うたびによく口げんかした。

もうあんな口調で僕に話しかけてくれる人はいない。

可是每次回家,都会和妈妈吵嘴。

因为她总是把我当成孩子,一点点小事就不时地提醒我。

我觉得烦,不自觉的就会还嘴。

其实我是想说“妈妈,谢谢你!”。

之后每次回家,仍是不停地和妈妈吵嘴。

不过,今后再也没有人会用那种口吻和我说话了。

人生には深い喜びがある

骨になってもなお分かれたくないと思える

愛する人に出会える喜びだ

人生有难以言表的喜悦,

那就是——

遇到即便成为骨灰,仍然不想和她分开的人的喜悦。

人生には深い悲しみもある

そんな愛する人とも

いつか必ず別れなければならないことだ。

人生也有难以言表的悲伤,

那就是——

即便深爱如此的人,总有一天要和她分手。

でも、お母さんは僕の中で生き続けている。

妈妈一直活在我的心中。

声明:本文内容由互联网用户自发贡献自行上传,本网站不拥有所有权,未作人工编辑处理,也不承担相关法律责任。如果您发现有涉嫌版权的内容,欢迎发送邮件进行举报,并提供相关证据,工作人员会在5个工作日内联系你,一经查实,本站将立刻删除涉嫌侵权内容。
0.287414s